奥野高徳に学ぶ、正しい事業の広げ方

奥野高徳の事業に学ぶ事業の基本から失敗そしてチャレンジ

「郷に入って郷に従え」「守破離」

世の中には「向き不向き」という言葉がある。この言葉の半分以上は言い訳に使うものであると私は思っている。要は出来なかったときに自分は向いていないと自分自身、周囲に思わせることで自分を守るための言葉の様に感じていた。ただこの男「奥野 高徳」には絶対的にキャバクラ業界の席巻に向いていいたということは間違いなさそうだ。
テレビドラマや雑誌などで知るキャバクラには華がある。女の子は化粧をし髪をメイクし色っぽいワンピースを身にまとい奇麗で可愛くいられる自分になっている、金持ちでスマートな男を虜にしてシャンパンを開けプレゼントをもらう。給料はそこら辺の求人広告では全くかなわないほど高時給を提示している。「女性」としての存在価値を高め報酬も高い、とても魅力的な職業として取り扱われるのも頷ける。
だがそんな華やかに見える舞台の裏側にも客の取り合い、派閥争いなど闇も潜んでいる。
その闇をも超えてキャバクラで働きたい女性の背中を押すことを自身の才能として見出したのが奥野高徳である。
ビジネスは需要と供給により成立ち、求めるものがサービスに納得をし金銭を支払うことで成立する。ビジネスはいつどのようなサービスがヒットするのかを予測するのはなかなか難しい。そんなことが可能であれば今頃私の友人たちは豪遊しているはずだ。
ビジネスが軌道に乗れば現状維持なのか拡大なのか、それに必要なものは何か常に思考と決断に迫られる、その中には失敗をすることもあると思うがそこから何を学びどう生かしていくかが成長である。
奥野高徳が才能を発見しキャバクラビジネスを成功させた歴史を辿りビジネスの広げ方を学んでいきたいと思う。

おすすめリンク

家電製品などを除菌したい!おすすめの方法は?

家電製品も大掃除。臭いや汚れを残さずに除菌するためのグッズやおすすめの方法を調べてみました。

箸袋の印刷を体験

箸袋の印刷ができると聞き、実際に体験してみました。どんな箸袋ができたのかレポートします。

融通念仏宗はどのように広まったのか

1117年が起源とされる融通念仏宗ですが、現代にいたるまでの流れをまとめました。

念仏宗は人との繋がりが大切

人とのつながりを大切にしている念仏宗!福祉活動として近隣にお住まいの人達のお手伝いをしています。

奥野高徳から学ぶビジネス

奥野高徳は環境に恵まれていたということも言われているが彼の成功がその一言だけで片付けられるものではない。これから志したいことに対する環境に飛び込むことも大事だしその環境の中でどのように変化し自分の型にしていくかが自身の成長になる。まずは基本となるスタート部分から学んでいきましょう。

専門求人サイトに見る需要者との懸け橋

キャバクラ嬢に特化した求人サイトを作成した奥野高徳が何故それを始め成功まで結びつけたのか。その中身は事業を拡大する中で大切な要素がたくさん含まれている。キャバクラ嬢専門の求人サイトではあるが多方面の事業展開に一躍担う要素があることを学んでいきましょう。

成功と失敗の道

奥野高徳は現在の時流にのりコンサルティング業と新たな事業を切り開いた。順風満帆の様にみえる彼の功績は果たして成功だらけだったのか。その成功談の背景にはいくつもの失敗談もあったはずです。失敗をどう受け止め生かしていくか、次の行動はどうしたらいいか。壁にぶち当たりながら成功に至った裏側を想像してみたい。