奥野高徳の事業に学ぶ事業の基本から失敗そしてチャレンジ

>

成功と失敗の道

ノウハウ情報開示の時代へ

キャバ求設立によりインターネットでの事業の一端に成功した奥野高徳は次にそのノウハウを教示する立場に新たなマーケティングとして狙いを定めました。
インターネットによる広告のコンサルタント事業です。今やインターネットでの宣伝効果の高さはSNSなどでも実証されているように大きな広告塔になります。それらの運営を手助けしたりもしくは代行したりする業務です。時にはセミナーなどを行い指導者としてキャバクラ業界の拡大に更なる貢献をする立場になったのです。
自身の事業がある程度の極みに達したとき次にその培われてきたノウハウを伝えていことはこれも現代の時流にのった取り組みになりつつあり多業種においても行われているようにみえる。奥野高徳もまた世間の動きを敏感に感じ取り新しいものを創造していく能力に長けていたのであろう。時代は違えど経営者であった父の影響をこんなところでも受け継いでいたのではと感じずにはいられない。

失敗の捉え方新たなステップに変えて

事業とは成功が大きく取り上げられがちだがその裏にはたくさんの失敗があるはずだ。特に新しいことを始めるときには想像しえない問題がでてくるのは当然でしょう。その失敗への受け止め方により新たな道が開けるのか、挫折してしまうのかは経営者の決断次第です。
奥野高徳は伝説のスカウトマンと呼ばれ脚光を浴びましたがその裏には並々ならぬ努力があったはずです。声をかけた女の子に逃げられてしまうこともあったでしょうし、事業を始めれば資金に頭を抱えることもあったでしょうし、立ち上げた会社では一気に社員が辞めてしまう苦境にも立たされています。その度に自身に何が足りなかったのかを自問自答し続けそしてポジティブな側面を生かし新たな道を切り開いていきました。
これから先も時流の中で色々なことが変化していくことでしょう。その時私たちがどう感じどう動き出すのか。奥野高徳から学び得たことが生かされることを願っている。


この記事をシェアする
B!